外壁リフォームの方法から費用までを解説

outerwall

外壁は、屋根とともに外観を美しく見せる、住まいの顔ともいえる大事な部分です。一方で、風雨や太陽光、気温変化にさらされることにより、年月とともに消耗の激しい部分でもあり、定期的なメンテナンスが必要です。
今回は外壁のリフォームを検討する際に、おさえておきたいリフォームの方法、外壁材の種類、費用などを解説します。

1.外装のリフォーム方法 3パターン

既存の外壁材や劣化状況などによって、ふさわしい方法を選びましょう。

  1. 塗り替え
    一番費用がコストを抑えられ、一般に多く行われている方法です。下地を高圧洗浄した後、外壁のひび割れなどを補修します。その後で下塗り、乾燥、中塗りを行い、上塗りで仕上げを行います。屋根の塗り替えも一緒に行なうケースが多くあります。
  2. 重ね張り
    モルタルや既存の外壁材の表面に下地材を打ち、そこに新しい外壁材を取り付ける方法です。ベースとなる下地がきちんと留められるように状態のチェックが必要です。たくさんの選択肢から外壁材を選ぶことができるので、家のイメージを一新することができます。
  3. 張り替え
    既存の外壁を剥がし、骨組みだけにした後、下地からやり直す方法です。断熱材や防水シートの施工などを行ってから新しい外壁材を張ります。外壁の下地から新しくなり、構造的にもしっかりとした家になります。

2.外壁材の選び方

外壁材の3つの種類、それぞれの特徴とメンテナンスのポイントをご紹介します。リフォーム費用だけでなく、将来的なメンテナンスも踏まえて外壁材を選びましょう。

  1. モルタル下地
    モルタルは、セメントと砂を混ぜ、水で練ったものです。そのモルタルを下地として壁に塗り、仕上げ材を吹き付けたり、コテ塗りして仕上げます。意匠性に優れ、様々な仕上げ方があるため深い味わいのあるデザインにすることができます。一方で、経年とともに、ひび割れ(クラック)が生じやすいのがデメリットです。内部への雨水の侵入につながり下地を早く傷めてしまうので早めのメンテナンスが必要です。5~8年くらいで塗り替えを、15~20年で全面補修を検討しましょう。
  2. サイディング
    サイディングとは、工場で一貫生産されるボード状の外壁材です。サイディングにはアルミやスチールなどの金属を表面材にして、中に断熱材を入れた金属系サイディングと、セメントなどを原材料にした窯業系サイディングがあります。サイディングのメリットは、初期費用が安いことです。大量生産されるのでコストを抑えることができます。デザインやカラーも豊富で、イメージに合わせて選ぶことができます。デメリットはメンテナンスコストが高くかかることです。施工の際の切断面や繋ぎ目のコーキングが劣化していくので、3~5年で点検を行ない、15~20年ほどで全面補修を検討しましょう。
  3. タイル
    石や土、粘土を高温で焼き固めたものです。バスルームや床材として内装にもよく使われる素材ですが、外壁にも利用されます。色落ちの心配はなく、最近では汚れにくいタイプのものもあります。耐久性が高く、高級感のある外観を作ることができます。そのためメンテナンス性に優れています。ただ他の手法に比べて初期費用が高くなるのがデメリットといえるでしょう。はがれの恐れがあるので、2~3年ごとに目視でチェックを行い、15~20年で全面点検を検討しましょう。

3.費用

塗り替えは足場が必要なので、屋根も一緒に行なうと合理的でしょう。重ね張りや張り替えは外観を一気に変えることができますが、新しい外壁材を用いるため材料費が新築並みにかかることも留意しておきましょう。 費用を抑える一つの方法として、2~4社の業者から見積もりをとることも有効です。複数の中から費用面だけでなく、安心して依頼できる業者を選ぶこともできます。

4.注意点

外壁リフォームを行う際に多い失敗は、仕上がり具合と言われています。特にこれまでと違う外装にした場合、完成イメージと違うことがあります。施工する前に業者にお願いして、色見本を室内だけでなく太陽の下でも確認することをおすすめします。

5.まとめ

外壁は雨風にさらされるため、定期的なメンテナンスだけでなく、壁のヒビや塗装はがれを見つけたときは早急に対応しなければなりません。そうすることで雨水が内部に侵入することによる建物の劣化を防ぐことができます。日頃から外壁の様子に注意するように心がけるようにしましょう。

「家づくり」でわからないこと、不安なことがございましたらお気軽にお問い合わせください!

京都の工務店、清栄コーポレーションは新築・リフォーム・建替、壁紙の張替から収納の悩みまで建築に関わることなら何でもご相談承ります。
お見積り無料!お気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら0120-170-161※祝日をのぞき、10:00~17:00まで受付
ホームページからの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ