家は賃貸より購入がお得です

賃貸と購入のメリット・デメリットを知り、
長期的に検討しましょう

住居を考える際、賃貸なのか購入なのか悩む方は多いでしょう。
将来のライフプランの長期的なシュミレーションをたて、それぞれの特性を理解することで、どちらがお得かが比較することができます。
まずは、それぞれのメリット・デメリットを比較したものを見てみましょう。

賃貸

メリット ○デメリット ×
・住宅ローン関連のリスクが無い
・家族構成に合わせて住み替えが可能
・引越し代や更新料、入居費がかかる
・老後にかかる費用が多い

購入

メリット ○デメリット ×
・払い終われば老後の費用が大幅にダウン  する
・住宅ローン控除の減税処置を受けること ができる
・団体信用保険に入るので、
 万が一の場合は家族に家を残せる
・資産として活用できる(土地、家)
・住宅の修繕費が必要
・税コストがかかる
・住宅ローンがある(一括の場合は不要)

さらに、ここで月々にかかる費用を比較してみましょう。

ここで、京都市で3LDKの家に30歳から80歳まで住むと仮定してシミュレーションしてみましょう。
下記は、大まかな費用になりますが、このような比較になります。

持ち家

賃貸
条件

購入費用3000万円
頭金無
35年ローン(フラット35利用

月々賃貸料12万円
更新は2年に1回
初期費用

諸々費用:200万

敷金・礼金;36万円
手数料:10万円
月々の支払い

ローン支払い:10万円

家賃:12万円
その他

固定資産税:年間10万円
修繕の為の積立:月2万×35年

更新料:12万円(2年に一度)
総額費用

初期費用:200万円
ローン返済額;4200万円(10万円×12ヶ月×35年) 固定資産税:500万円(10万円×50年)
修繕費:840万円(2万円×12ヶ月×35年)
計5740万

初期費用:46万円(36万円+10万円)
賃貸料:7200万円(12万円×12か月×50年)
更新料:300万円(12万円×25回)
計7546万円

ここで、重要なことは長期的に見てどちらがお得かということです。
賃貸は、短期的に見れば購入よりも費用がかからないように思えますが、老後まで賃貸料がかかり大きな負担になる可能性が高いです。更に、子供が生まれるといった、家族の人数が変わることで引越し代や入居費、賃貸料が高くなることも考えられます。
購入は、頭金などの初期費用がかかることや、住宅ローンを支払終わるまでの負担はありますが、長期的に見ると賃貸よりもメリットが大きくなります。それは、土地や家を資産として残せること、支払い終わったあとの老後の費用が賃貸に比べ抑えることができるということです。
長い目で見て、最初は賃貸がお得ですが、時が経つにつれ、購入のほうがお得になる境目があります。したがって、人生のライフプランを考えた上で、購入のほうがお得といえるでしょう。

そして、住宅を購入する際にお得な控除があります。

住宅ローン減税改正案

住宅ローンを利用して一戸建てなど住宅を取得、増改築した際に、所得税や住民税の税額控除を受けることができる制度です。
2014年4月~2017年末までに家を購入すれば、1年あたり最大40万円の控除を受けることができます。この期間は10年間利用することができるので、大変お得です。

すまい給付金

すまい給付金は、住宅ローン減税の負担軽減の効果が十分に得られない際に、消費税率引上げの負担を軽くするための制度です。
2014年4月から2017年)12月までで、消費税8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円の現金が給付されます。

現在、消費税率は8%ですが、2015年10月1日以降には10%に引き上げられます。
控除がありつつも、10%の税率だとやはり負担は大きくなります。
そのため、8%のうちに購入しておくことが最善の選択といえるでしょう。

「家づくり」でわからないこと、不安なことがございましたらお気軽にお問い合わせください!

京都の工務店、清栄コーポレーションは新築・リフォーム・建替、壁紙の張替から収納の悩みまで建築に関わることなら何でもご相談承ります。
お見積り無料!お気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら0120-170-161※祝日をのぞき、10:00~17:00まで受付
ホームページからの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ