工務店とハウスメーカー、建築事務所の違い

住みたい家のご要望に合わせて、安心して作りたいなら工務店

「家を建てよう」そう思ったら次にどこに相談したら良いでしょうか?
住宅業界にはハウスメーカー、工務店、建築事務所など様々な種類の会社があります。
しっかり違いを理解した上で、自分の住みたい家を一緒に作る会社を選びましょう。

工務店

特徴 メリット ○ デメリット × "こんな人に
向いている"
地域の気候風土を十分理解しているためその土地での経験を活かした家づくりが可能 小回りがきくので自分たちの意見を反映させた自由度の高い家作りが期待できる 工務店によって、技術力や提案力大きく差がある 自分のこだわりやアイデアを設計に活かして、思い通りの家を建てたい人
地元で長く営業している工務店であれば小回りの利くアフターケアも期待できる 地元の工務店であれば、入居後のメンテナンスについても気軽に相談できる 対応できる工法にはある程度限界がある その土地の気候・風土にあった家を作りたいと考えている人
中間業者が少ないため、コストダウンの相談をしやすい

ハウスメーカー

特徴 メリット ○ デメリット × "こんな人に
向いている"
販売する住宅のデザインや間取りなどの設計を事前に行ってブランド化している 品質が一定でムラがない メーカーによって工法が制限される 安定した品質を求めている方
部材を大量調達し、全国の下請けの工務店に施工を依頼する 完成品のイメージがしっかりしているので選びやすい 標準仕様にない部材やプランの対応には対応できない場合も 工期が短い方がいいという人
工法によるが、スピーディーな対応で工期が短い 材料の寸法に基準があるので、変形敷地には向かないことも 住宅メーカーのブランドが好きな人

建築家

特徴 メリット ○ デメリット × "こんな人に
向いている"
建築家が設計を行い、施工は別途、工事請負契約を結んだ工務店が行なう デザインの自由度が高い 相性のいい建築家と出会えるかどうかわからない ライフスタイルに合った、自分だけの個性的な家を希望している人
お互いに話し合いながら、一からプランをつくり上げていく 工事監理を委託することもでき、厳しくチェックしてくれるので、安心感がある 作風や考え方がさまざまなので、しっかりすり合わせをして発注する必要がある 住宅づくりに妥協したくない人
住宅づくりに妥協したくない人 設計期間が長いこともあるため、家づくりの期間を多めにみておく必要がある

この3つの中でも、特にハウスメーカーか工務店かを悩む方が多いようです。 ハウスメーカーと工務店には、それぞれ魅力があります。 ハウスメーカーは、ブランド力があり、カタログのように決まっている商品を選ぶことで工期を短く建てられるというメリットがありますが、標準仕様にはないプランや、変形した土地に対応しにくいというデメリットがあります。 工務店は地域密着型でお客様のご要望に真摯に対応できるメリットがありますが、提案力や工法が工務店によって対応が異なります。

「こんな家にすみたい」という強いこだわりをお持ちの方は、工務店を選択することをおすすめします。

清栄コーポレーションでは、提案力、工法の問題を解決できます。
まず、京都という土地で培ってきた家づくりのノウハウ。狭小地で家を建てるにあたって、いかに住みやすい家を作るかの実績が私達にはあります。
それだけではなく、「見た目もおしゃれにしたい」というお客様の願いを叶えるデザイン性。
おしゃれな家といえば、ハウスメーカーのほうが良いと考える方も多いかもしれませんが、私達はハウスメーカーに劣らないデザインで家づくりをしています。
また、工法についても、木造のほか、鉄骨造やRC造、新築戸建からリフォームのご相談まで受け付けております。

「家づくり」でわからないこと、不安なことがございましたらお気軽にお問い合わせください!

京都の工務店、清栄コーポレーションは新築・リフォーム・建替、壁紙の張替から収納の悩みまで建築に関わることなら何でもご相談承ります。
お見積り無料!お気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら0120-170-161※祝日をのぞき、10:00~17:00まで受付
ホームページからの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ