住宅の登録免許税の税率軽減 2014(H26年)

住宅の不動産登記に係る登録免許税の軽減措置

平成27年3月31日までに取得した場合
住宅用家屋の登録免許税の優遇
登記種別本則一般住宅
所有権保存登記0.4%0.15%
所有権移転登記2.0%0.3%、0.1%(※1)
抵当権設定登記0.4%0.1%
※登録免許税=固定資産税評価額×税率
※1 買取再販住宅の取得に係る税率は平成28年3月31日までの措置として0.1%となります


一般住宅の不動産登記に係る登録免許税の軽減措置が平成27年3月31まで延長され、従来どおりの税率で軽減措置が継続されます。


登録免許税の税率軽減を受けるための主な条件

  • その者が主として居住の用に供する家屋であること
  • 住宅の新築または引渡しから1年以内に登記をすること
  • 床面積が50㎡以上であること
  • 市町村が発行する住宅用家屋証明書を取得していること
  • 中古住宅の場合は築25年を超えるマンション、築20年を超える木造一戸建等では「耐震性を有することの証明書」を添付すること
※特定の増改築等がされた買取再販住宅の税率軽減の要件は別途定めがあります。

対応公的制度一覧