検査体制の徹底 安心のダブルチェック体制

安心安全な家づくり

住まいの性能が等級や数値で表示される「住宅性能評価」等の仕様が普及していますが、 実際の現場でしっかりと検査がなされ、書面通り正しく施工されているケースは非常に少ない、というのが実情です。また、工事中の検査も現場担当者のみのチェックで終わっている場合がほとんどのようです。
当社では建物の施工を行なう工務部による現場検査と、別部署である住宅部によるダブルチェック体制で工事を行なっております。

一般的な検査体制

一般的な検査体制の家のイラスト

清栄コーポレーションは
工事部と住宅部によるダブルチェック

清栄コーポレーションの検査体制

清栄コーポレーションの検査体制の家のイラスト

安全安心ないえづくりに必要なチェック項目

計5回、各物件に対し第三者機構(JIO)とは別で自主検査を行なっています。
指摘箇所があれば、指摘→是正→再確認を行い、安心してお住まい頂ける施工体制で工事をさせて頂いております。実際の現場での施工に対する確認体制を整え、指摘・是正・確認が確実になされていることが、安心・安全な家づくりを行なう上で最も重要な点であると考えています。

安心安全な家づくり

基礎配筋検査
建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。コンクリートで固めてしまうと、見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面どおりに組まれているかをチェックします。
躯体検査
主要な構造部をJIO専属の建築士が細かくチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているかなど通常一般の人では分からないチェックポイントをしっかり検査します。

住宅瑕疵担保責任保険法人について

さらなる安心のための検査や建物の保障も充実

施工後の定期検査

施工後、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年ごとに、建物の定期検査を行わせていただいております。定期的にチェックをおこない、問題などを発見した場合は、すぐに修繕対応をさせていただきます。

こんなところもチェック!

お客様と共に良い家を建てるためには数え切れないほどのチェックが必要です。
建築の専門的な内容から、お客様が気にされていたちょっとした内容まで厳しくチェックを重ねます。

壁内部に雨水などが侵入
しないよう施工される防水紙
隙や破れた箇所はないか、
シートの重なり幅などを細かく
チェック!
打ち合わせでお客様が
気にされていた
リビング照明の配置バランス
細かな内容までもしっかり
現場に伝え仕上がりを
チェック!

「家づくり」でわからないこと、不安なことがございましたらお気軽にお問い合わせください!

京都の工務店、清栄コーポレーションは新築・リフォーム・建替、壁紙の張替から収納の悩みまで建築に関わることなら何でもご相談承ります。
お見積り無料!お気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら0120-170-161※祝日をのぞき、10:00~17:00まで受付
ホームページからの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ