注文住宅 耐震・耐久・省エネ断熱

耐震×制震

強さとねばり
国交省認定の耐震壁
建物の変形を防ぐ高い耐震性を
持ち、大規模損傷や崩壊を防ぎます。
想定外の衝撃を吸収
東京都庁でも使われている
制震材VEM(3M社製)を組み込み、
繰り返す余震も吸収し続けます。

耐震・制震省エネ・断熱・低炭素住宅ついてはこちら

建物の変形を最大70%軽減
震度7級の地震波にも連続6回耐え抜く

制震システムGVA

耐震構造のみと制震システムGVA
「ジーバ」の比較実験では

耐震構造のみのモデルには、一般的な構造用合板による試験体を使用。阪神淡路大震災級の震度7の地震波を与えたところ、最大250㎜も揺れたため、実験後は写真左のように完全に倒壊した状態でした。

一方、制震システムGVA「ジーバ」を付加したモデルは最大揺れ幅が72.5㎜となり、約70%もの揺れを軽減できました。

地震エネルギーを熱で吸収
制震システム「ジーバ」

制御システムジーバ
GVA「ジーバ」は、阪神淡路大震災の甚大な被害を目にしたある設計士の、「制震システムで、一軒でも多くの家と住む人を守りたい」という想いから生まれました。

耐震工法のその先の、さらなる安心をGVA「ジーバ」は約束します。

特許取得済みダイヤモンドフレームで
小さな揺れから効果を発揮

地震対策のプロによって考え抜かれたダイヤモンドフレームを、
計画的にバランスよく配置することで、家全体をしっかりと守ります。

揺れを土台と梁で吸収する大型ダイヤモンドフレーム

揺れを土台と梁で吸収する
大型ダイヤモンドフレームの特長

地震時、建物はまず地盤とともに土台が揺れ、次に梁が揺れます。揺れを抑えるためにはこの土台と梁の揺れを吸収する必要があります。

そこでジーバは、土台・梁間に大きなダイヤモンド型フレームを組み、土台・梁との接合部分(制震材搭載部分)で効率良く揺れを吸収できるような仕組みに開発されました。

ダイヤモ ンドフレーム作動の
仕組み

大型ダイヤモンドフレーム

開発者:MASA建築構造設計室 真崎 雄一氏
特許取得済ダイヤモンドフレーム
※特許 No.3759409.3974151.3993716.44044744

最先端テクノロジーで地震にブレーキ。

3m 構造用ダンバー スライドロック機構

地震エネルギーを
熱に変えて吸収

揺れを熱に変えて吸収する制震ダンパー

ジーバのダイヤモンドフレームの、土台と梁との接合部分を制震ダンパーと呼びます。ここに建物の揺れが伝わると複層に組み込まれた制震材が伸縮し、その摩擦で揺れにブレーキがかかる仕組みです。

あの阪神大震災が40坪の木造住宅に与えた地震エネルギーを全て熱に変換すると、たった25kcalしかありませんでした。ジーバは地震時、約10℃の熱を放出しながら地震エネルギーを吸収。“揺れにブレーキ”をかけて、建物を守ります。

サーモグラフィーでも吸収性能を実証

右の写真はジーバの動的耐力およびエネルギー吸収性能を検証した際の、試験体サーモグラフィーです。

フレーム上下部分の制震ダンパーに大きな温度上昇が確認できます。これは制震ダンパーが、運動エネルギーを熱エネルギーに変換・吸収したことを示します。

サーモグラフィー

考え抜かれた機構で
繰り返す揺れに対応

2つの優れた性能を持つスライドロック機構

制震材には効率良く制震効果を発揮する範囲や、制震材自体が破断しないための伸縮の限界があります。その制限の下、反復する揺れに何度でも制震効果を発揮しなければなりません。

そこでジーバは、繰り返す揺れに何度でも対応できるスライドロック機構を採用。またロックすることにより、大地震時には建物の変形を更に抑えることが出来ます。

木造住宅に高層ビルの
最先端技術を応用

巨大構造物の揺れも抑える制震材VEM

ジーバの制震材VEMは長い分子の鎖が絡み合った構造をしています。分子同士が摩擦しやすく、言わば「身動きが取れない」状態です。この複雑な構造によって制震材が小さな変形エネルギーも拾い、熱エネルギーに変換して確実に揺れを吸収できるので、巨大構造物にも用いられています。

通常時と地震時の制震材VEM

2タイプの使い分けで、あらゆる
間取り・工法にフィット

巨大構造物の揺れも抑える制震材VEM

木造住宅では一般的な在来工法はもちろん、
ツーバイフォー工法や3階建てにもジーバは採用可能です。

耐力壁や断熱材とも併用可能なうえに、あらゆる階高やスパンにも柔軟に対応できるように、アームサイズを豊富にご用意しています。シンプルな構造でメンテナンスも不要です。

設置に伴う
間取り制約無し

シンプル構造

省エネ・断熱・低炭素住宅耐震・耐震についてはこちら

水から生まれた住宅用断熱材
アクアフォームを使用

CO2を削減し地球を守る新しい断熱材アクアフォーム。アクアフォームで断熱した住宅は、暖冷房エネルギーを削減する事ができ、CO2の排出量を減らすことが可能です。

CO2排出スリム化計画の実施

そもそも生まれもって人・地球にやさしい!
水からうまれた環境にやさしい断熱材

通常はフロンガスを使用して発泡させることが多いウレタンフォーム。アクアフォームは水を使って施工現場で発泡させます。これにより、柱と柱の間や細かい部分にも隙間なく断熱材を充填することができます。

アクアフォームはイソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用するので、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。また、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。

アクア施工風景

現場発泡だから出来る!
現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を発揮します。

また、透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

アクア施工風景

ポイント1高い断熱性と気密性

複雑な構造の住宅も現場吹き付け発泡だから隙間なく施工できます。

また、自己接着力によって躯体との間に隙間ができにくく、長期間にわたって優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネ効果が高く、建物の暖冷房に要する光熱費を削減します。

夏と冬の断熱性の違い

見て納得!性能データ1厚み比較

アクアフォームは無数の細かい連続気泡の中に大量の空気を含んでいるため、他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。

項目 断熱材品種 熱伝導w/mk 住宅金融支援機構
工事仕様書断熱区分
相当断熱厚み割合
アクアフォーム 建築物断熱用
吹付硬質ウレタンフォームA3
0.034 D 100
フェノールフォーム フェノールフォーム 0.020 F 58
繊維系断熱材
(グラスウール)
10k・16k・24k 0.050・0.045・0.038 A-2・B・C 147・132・112
  • ※熱伝導率とは熱の伝わりやすさを表すもので、数値が小さいほど断熱性能に優れています。
  • ※(株)住宅金融支援機構監修の工事仕様書の断熱区分はA~Fの6段階でFに近くなるほど断熱性に優れています。
  • ※(株)住宅金融支援機構監修の工事仕様書の断熱品種は区分Cですが、性能値により0区分となります。
  • ※相当断熱厚み割合とはアクアフォームを100とした場合に同等の断熱性を確保するために必要な厚みを表します。

見て納得!性能データ2断熱性能

総合的に見てもアクアフォームの優れた性能はお分かりいただけます。

アクアフォームの性能
断熱性能 JIS A9526 断熱性能 JIS A9526 0.034
透湿性能 JIS A9526 透湿率 ng/m・s・Pa 16.6
燃焼性能 JIS A9526 燃焼の長さ 60mm以下
燃焼時間 120秒以内

※性能値は測定値であり、保証値ではありません。

見て納得!性能データ3気密性能

住宅の躯体に直接吹付発泡施工するアクアフォームは隙間なく一体化した断熱材構造で、優れた気密性を発揮します。

また、他の断熱材にはない自己接着力を持っています。

相当隙間面積C値(cm2/m2)
2.0以下
※住宅の省エネルギー基準に基づいてアクアフォームを施工した場合

ポイント2静かな住空間・吸音性能

アクアフォームの細かな連続気泡構造は吸音制にも優れています。高い気密性により外部の騒音や内側からの生活音の漏れを軽減するとともに、アクアフォームの細かな気泡構造が音をスポンジ状のフォーム内に拡散します。

外からの騒音の侵入や、生活音の漏れを気にすることなく快適に暮らしていただけます。 吸音率 柔軟性に富んだアクアフォームは微細連続気泡構造で、一般的な独立気泡構造と比較し、吸音性に優れています。

家の構造

ポイント3換気システムの効率化

隙間から漏れる空気は漏気といいます。建物に隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。建物を効率的に換気するには、まず高い気密性を持った住宅を造る必要があります。

高い気密性があってはじめて、効率的に計画的に建物を換気することが可能です。24時間換気システムとの組み合わせで、アクアフォームは健康的な空気環境を作り出します。